1. トップページ
  2. お役立ちコラム
  3. 自筆?公正証書?秘密証書? 遺言書の作成方法や特徴

自筆?公正証書?秘密証書? 遺言書の作成方法や特徴

・遺言書の特徴のまとめ表

 今回は、前回ご紹介したそれぞれの遺言書の作成方法や長所、短所などをご紹介したいと思います。
 今回は、普通の方式の遺言である、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の特徴を簡単にまとめた表をご覧ください。

自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の特徴一覧

 それぞれの特徴を見比べられるように簡単にまとめていますので、これから少し詳しくご説明したいと思います。

・自筆証書遺言の特徴

 最大の特徴は、作成方法の気軽さです。法律で定められている要件が、全ての内容、氏名、日付を自書(つまり手書き)し押印するだけですので、紙とペンと印鑑さえあれば、いつでもどこでもお一人で作成することができます。
 ですので、当然費用もかかりませんし、遺言書の内容や作成したことを誰にも知られずにすみます。

 ただし、そのために短所も大きくなっており、遺言者が亡くなったあと、遺言書をもとに手続きをするためには、家庭裁判所で検認という手続きが必要となります。この検認につきましては次回ご説明いたします。

 また、内容に不備があると法的に無効になる恐れや、後から本当にその人が書いたのか、書いたときに判断能力があったのかなどの争いになる恐れがあります。

 さらに、基本的に原本のみしかありませんので、紛失する恐れや、隠されたり捨てられたり、偽造・変造されたりする恐れもあり、法的な安定性が低くなっております。

 私の経験でも法的に無効とまでは言えないが、字が読めなかったり、内容が不明瞭であったり、極端な内容だったりで、遺族の方が困って相談にこられることがあるのがこの方式の遺言書です。

・公正証書遺言の特徴

 公正証書遺言の実務上の作成方法は、事前に公証人と内容についての打ち合わせをし、遺言書を作成してもらい、後日、証人2名の立会のもと、遺言者が遺言の内容を公証人へ伝え、公証人が確認した後に、公証人が内容を読み聞かせ、それぞれが署名捺印するという感じです。

 事前に各種の書類などで厳格に本人確認や財産の特定をしておりますので、非常に法的安定性が高く、安心感の高い遺言書となっております。
 そのため、長所として検認が必要ありません。さらに、内容に不備があり無効となることもまず心配ありませんし、原本が公証役場に保管されるため、紛失、偽造、変造の恐れもありません。その他にも、亡くなった方が遺言書を作成していたかどうかを遺族が調べることができる、遺言書検索サービスもあります。

 このように、作成後は法的安定性が高い反面、作成前の手続きが大変なため、弁護士、司法書士、行政書士などの専門家に依頼する場合も多く、公正証書の作成費用の他に専門家の費用や必要書類の取得費用がかかる面がデメリットとなっております。

・秘密証書遺言の特徴

 秘密証書遺言の作成方法は、遺言者が遺言の内容を作成し、署名捺印したうえで、その印鑑で封印をします。その後、公証役場にて証人2名の立会のもと、公証人が日付などを封紙に記載し、それぞれが署名捺印します。

 短所として、作成に公証役場での費用がかかること、遺言書の内容を公証人が確認する訳ではありませんので、内容が法的に無効である恐れがあること、紛失の恐れがあることがあります。

 長所としては、内容を秘密にできること、偽造・変造の恐れがほぼ無いことがあります。

 このように、作成に公証役場の関与が必要ですが、法的な効力は自筆証書遺言とあまり変わらず、さらに検認も必要なため、実務上はほぼ利用されることはありません。
 しかし、遺言書の内容自体は手書きする必要がなく、ワープロやパソコンで作成可能ですし、公証役場での費用も定額で11,000円ですみますので、手書きが苦手な方などには良い方式かもしれません。

 次回は、自筆証書遺言と秘密証書遺言のさいに必要となる検認の手続きについてご説明したいと思います。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

以上、行政書士お役立ちコラム、遺言の基礎編
「自筆?公正証書?秘密証書? 遺言書の作成方法や特徴」でした。

遺言書作成サポートのページヘのリンク

遺産相続サポートのページヘのリンク

次回「遺言書は検認が必要? 自筆証書遺言の落とし穴…」へ


お役立ちコラム一覧に戻る

お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.