1. トップページ
  2. お役立ちコラム
  3. 離婚の方法って? 協議・調停・審判・裁判??

離婚の方法って? 協議・調停・審判・裁判???

・離婚にも種類があるの?

 離婚には種類とその順番があり、基本的には以下のような種類と流れになります。

離婚の種類と流れの簡単な説明図

・最初は夫婦の話し合いから

 まずは、協議離婚です。協議と書くと難しそうですが、要するに夫婦での話し合いで条件などを決めて行う離婚です。離婚全体の約90%がこの話し合いでの離婚です。
離婚届のイラスト  お互いがそれで納得し離婚届を出しさえすればどのような条件でも離婚が成立します。
(未成年のお子さんがいる場合は親権者を決める必要があります)

・裁判所での手続きは調停から

 夫婦のみでの話し合いではまとまらないような場合は、家庭裁判所で調停を行います。
 これは、調停委員という第3者を交えて話し合いを進めます。夫婦が直接話し合うのではなく、交互に調停委員に条件などを伝え、お互いの条件の折り合いをつけていきます。

 しかし、調停と言ってもあくまでも夫婦での話し合いですので、離婚の条件や、離婚事由などは自由です。
 離婚全体の約9%がこの調停での離婚です。

・調停でまとまらないときは、審判、裁判で

 審判離婚は、調停である程度の条件はまとまったけど、お互いここだけは譲れないというよう条件がある場合に、その条件を裁判所に審判で決めてもらおうという制度です。
 夫婦がお互いに審判での決着に同意していることが条件です。ただし、審判離婚はレアケースだそうです。

揉めている夫婦のイラスト  裁判離婚は、とても調停などの夫婦での話し合いではまとまらない場合に裁判で離婚をするという最終的な決着方法です。
 これまでの離婚の方法とは違い、慰謝料などの離婚の条件は裁判で決められます。ただし、民法で決められた法定離婚原因という離婚のための事由(浮気など)が必要です。
 相当な費用や労力がかかるため、裁判まで行う離婚は全体の約1%です。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

以上、行政書士お役立ちコラム、遺言の基礎編
「離婚の方法って? 協議・調停・審判・裁判??」でした。

次回「離婚が認められる5つの条件、法定離婚原因って?」へ


お役立ちコラム一覧に戻る

お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.