1. トップページ
  2. お役立ちコラム
  3. 離婚が認められる5つの条件、法定離婚原因って?

離婚が認められる5つの条件、法定離婚原因って?

・離婚ができる条件って?

 前回のコラムの裁判離婚のところで法定離婚原因という言葉を書きましたので、今回のコラムは法定離婚原因についてご説明いたします。
 まず、離婚については民法で色々と決められています。その中に離婚できる条件を決めた条文があります。


 それがこの民法第770条です。
  1. 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
    2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
    4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
    5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
  2. 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

・要するに何が書いているのか

 簡単に説明しますと、1.にまず下の5つのうちのどれかに当てはまる場合ではないと、離婚のための裁判はできませんと書いています。
 と言うことは、裁判以外の離婚では、この5つの離婚事由は気にしなくて良いのです。
 ですので、協議離婚や調停離婚では、この5つの理由と関係なくお互いが納得すれば離婚することができます。

 では、5つの理由を見ていきましょう。1.の不貞とは基本的には肉体関係をともなう浮気ですね。
 2.の悪意の遺棄とは、例えば同居を拒否や配偶者が病気で倒れているのに全く世話をしないとか、一切生活費を入れないとか、簡単に説明すると放ったらかしにするということですね。
 3.と4.は書いてある通りですので飛ばしますが、5.が問題ですね。婚姻を継続しがたい重大な事由とありますが、これは一体どういうことなのでしょうか?

・婚姻を継続しがたい重大な事由?

これは、よく言われるのが、 離婚のイメージ画像 などなど、その他にも色々とありますし、程度の問題も有りますので判断も難しいですね。男女の間のことはなかなか他人には分からないことも多いですし…

・離婚事由があれば必ず離婚できるのか?

 一番下の2.に書いてあることは、仮に離婚事由の1番~4番に当てはまるので裁判を起こしたとしても、色々な事情を考えて離婚させないことができると書いています。
 やはり夫婦の問題を法律で画一的に処理するというのは難しいので、柔軟に対応できるような条文になっていますね。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

以上、行政書士お役立ちコラム、遺言の基礎編
「離婚が認められる5つの条件、法定離婚原因って?」でした。


お役立ちコラム一覧に戻る

お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.