1. トップページ
  2. お役立ちコラム
  3. 法定相続? 法定相続人? 相続人って誰がなるの?

法定相続? 法定相続人? 相続人って誰がなるの?

・法定相続人とは?

 遺産相続のことは民法で決められています。遺言書があるときは遺言書の通りに、遺言書が無いときは、この民法の決まりにしたがって相続を進めます。これを法定相続と言います。

 この法定相続では遺産をもらえる人が決まっており、それを法定相続人と言います。
 では、誰が法定相続人になるかと言いますと、
法定相続人の順位、配偶者は常に相続人、血族相続人の第1位は子、第2位は直系尊属、第3位は兄弟姉妹 このように決まっています。

 詳しく説明しますと、配偶者(夫、妻)は、常に相続人となり、また配偶者のほかに血族相続人がいますと、共同で相続人となります。

 血族相続人とは、その名前の通り血縁関係による相続人のことです。被相続人(遺産を遺す人)が亡くなられたときに、生きている方で、順位の最も高い人のみが相続人となります。同じ順位に複数名いる場合(例えば、子どもが複数いるような場合など)は共同で相続人となり、相続分は等分されます。また、直系尊属では、父母がいる場合は祖父母は相続人になりません。
 この血縁関係とは実際の血縁関係ですので、配偶者の親族は基本的には相続について関係ありません。

 まず夫が亡くなったと仮定します。そのさいに妻が存在すれば妻が相続人となります。
 さらに、子どもが存在すれば、子どもと妻が相続人となります。妻がいなければ、子どものみが相続人となります。
 子どもが居ない場合に、親が存在すれば両親と妻が相続人となります。妻が居なければ親のみが相続人となります。  子どもも親も存在しない場合、兄弟姉妹と妻が相続人となります。妻が居なければ兄弟姉妹のみが相続人となります。

簡単な図で説明するとこのようになります。

法定相続人の説明図

 余談では有りますが、個人的には最近この配偶者と兄弟姉妹が相続人になるケースで、相続手続きが大変な場合が多いと感じます。と言うのも、皆さん高齢であったり、ほぼ面識が無かったり、兄弟姉妹の数が多かったりと遺産分割が困難です。
 ですので、お子さんのいないご夫婦はぜひとも遺言書の作成をおすすめします。

・養子や先妻との子は?

 先ほど、血族相続人は血縁関係だと書きましたが、では養子や養親の場合はどうでしょうか。この場合も実際の親子と同様に血族相続人と同じ相続人になることができます。また、一般の養子縁組は前の実の親族との関係を終わらせることはありませんので、実の親や子の相続人となることもできます。

 では、離婚の場合はどうでしょうか。元夫、元妻とは法律上の関係は終了していますので、相続人となることはありません。しかし、親子の関係は離婚しても変わりませんので、前の配偶者との子も、今の配偶者との子も平等に相続人となります。

・相続人が先に亡くなっているときは?

 また代襲相続という制度があります。これは、本来であれば相続人となるはずだった人が先に亡くなっている場合などに、その人の子どもが相続人となる制度です。
 例えば本来ならば子どもが相続人となる場合に、何らかの理由でその子どもが先に亡くなっている場合は、その子ども、つまり孫が相続人となります。孫も先に亡くなっている場合は、ひ孫が…というように、下につながっていくイメージです。
 兄弟姉妹が相続人となる場合に、先に亡くなっていれば、その子、つまり甥、姪が相続人となります。ここで、子どもと違うのは、再代襲しない、つまりここで終わりで甥、姪の子どもが相続人となることはありません。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

以上、行政書士お役立ちコラム、相続の基礎編
「法定相続? 法定相続人? 相続人って誰がなるの?」でした。

遺言書作成サポートのページヘのリンク

遺産相続サポートのページヘのリンク

次回「法定相続分? 遺産分割? 遺産はどう分ければいいの?」へ


お役立ちコラム一覧に戻る

お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.