1. トップページ
  2. お役立ちコラム
  3. 法定相続分? 遺産分割? 遺産はどう分ければいいの?

法定相続分? 遺産分割? 遺産はどう分ければいいの?

・法定相続分とは?

 前回は、どなたが相続人になるかをご説明させていただきました。そこで、今回はその相続人の中でどのような割合で遺産を分けるかをご説明いたします。
 まず、遺言書がある場合は、その遺言書の通りに分けることが原則です。問題は遺言書がない場合です。

 この場合、相続人全員で話し合って決めるとされており、話し合いがまとまりさえすれば、どのように分けても問題ありません。
 ただ、それではあまりに漠然としていますね。そこで、民法には法定相続分というものが定められています。
法定相続分の説明図
 このように均等ではない法定相続分が問題になるのは配偶者が関係している場合です。

 と言うのも、前回ご説明した法定相続人の血族相続人は同順位の人しか相続人になることはなく、同順位の人の相続分は等分されるからです。
 例えば子ども3人で親の遺産分割を話し合うさいは、基本的には3分の1ずつ取得するのが法定相続分での分け方となります。

 また、配偶者と子ども3人の計4人で遺産分割の話し合いをする場合は、配偶者が2分の1を取得し、子どもがそれぞれ6分の1ずつ取得するのが法定相続分での分けかたとなります。

・その他のケースは?

 血族相続人がいない場合は、配偶者が全て取得します。配偶者もいない場合、相続人がいないと言うことで最終的には国の物になります。

 また、半血兄弟の場合も例外があります。半血兄弟とは、両親のどちらかが違うケースです。両親の再婚による連れ子とその両親の間に生まれた子どもなどのケースですね。
 この場合、親から見れば同じ子(現実に血縁があるか、養子縁組をしている場合)なので、平等に相続人となりますが、兄弟姉妹として相続人となった場合は、法定相続分は半血兄弟の場合、2分の1となります。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

以上、行政書士お役立ちコラム、相続の基礎編
「法定相続分? 遺産分割? 遺産はどう分ければいいの?」でした。

遺言書作成サポートのページヘのリンク

遺産相続サポートのページヘのリンク

次回「遺留分って? 遺言を書いたのに無駄になるの!?」へ


お役立ちコラム一覧に戻る

お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.