1. トップページ
  2. お役立ちコラム
  3. 遺留分って? 遺言を書いたのに無駄になるの!?

遺留分って? 遺言を書いたのに無駄になるの!?

・遺産分割の優先順位

 前回前々回と相続人や相続分の基礎知識をご説明してきましたが、どちらのコラムにも冒頭、遺言書がない場合は法定相続でという書き方をしてきました。

 では、きちんとした遺言書がある場合は、法定相続人や法定相続分は一切無視して、遺言者(遺言書を書いた人)の自由に遺産を分けることができるのでしょうか?

 これは、半分はそうとも言えるし、半分はそうとも言えないが正解です。
 どういうことかと言いますと、基本的に遺言者はご自身の財産について、遺言書で自由に定めることができます。

 また、民法では遺産の分け方について、遺言書がある場合は、遺言書の通りに、遺言書がない場合は、相続人全員の協議で、それがまとまらないときは、調停・裁判でという順番になっています。
 と言うことは、正解なのではと思いますが、ここで遺留分と言う制度が関わってきます。

遺留分とは?

 遺留分というのは、遺言書でも排除されない最低限保証された相続分のことです。そして最低限の保証として、遺留分の侵害を知った日(自分が法定相続分の半分も遺産をもらっていないと知った費)から1年以内に請求すると、法定相続分の半分が遺留分として認められます。

 ただし、相続人が兄弟姉妹の場合は遺留分はありません。
(遺留分の侵害を知った日から1年以内でも、相続があった日から10年以上経過していると請求することができなくなります。)

 ですので、例えば親不孝な長男と、親孝行な次男と母親の3人家族が居たとします。母親は親不孝な長男には1円も財産を遺すつもりは無く、全て親孝行な次男に遺したいと考え、そのような遺言書を作成しました。

 遺言書は先程も書いたとおり法定相続に優先しますので、例え法定相続人でも法定相続分を遺さない内容で書くこともできますし、長男が何も言ってこなければ母親の希望通りになります。
(一見、登場人物が長男と次男ですので、兄弟姉妹として遺留分は無いのではと思いますが、この相続人とは、被相続人(この例では母親)から見た関係になりますので、長男、次男は兄弟姉妹ではなく、子になります。)

 しかし、長男が遺留分として法定相続分の半分(この場合は2分の1の半分で4分の1)は権利があると主張すると、次男はその分を引き渡さなければなりません。
 この請求を、遺留分減殺請求と言います。これは、とにかく口頭でも良いので相手に伝えさえすれば効力を発揮します。
 しかし、後日、言った言わないの争いになることは目に見えていますので、最初は内容証明郵便での請求が一般的です。

 このように遺言書には遺留分が密接に関わってきますので、そのことをしっかりと考慮して作成する必要があります。

・では遺言書を書く意味は無いのか?

 このように、遺留分の割合が大きいことや権利が強いことによって、遺言書を書く意味があまりなのではと考えるかたも多いかと思います。
 しかし、決してそんなことはなく、仮に遺留分減殺請求をされても、法定相続分に比べると半分で済みますし、兄弟姉妹が相続人の場合は遺留分がありませんので、自由に遺言書で分けることができます。

 また、なぜそのように分けたのかを遺される方たちが納得するような根拠や思いをしっかりと遺言書で伝えることによってトラブルになる可能性を大幅に減らすことができます。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

以上、行政書士お役立ちコラム、相続の基礎編
「遺留分って? 遺言を書いたのに無駄になるの!?」でした。

遺言書作成サポートのページヘのリンク

遺産相続サポートのページヘのリンク

次回「法定相続分と遺留分の割合のまとめ」へ


お役立ちコラム一覧に戻る

お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.