1. トップページ
  2. お役立ちコラム
  3. 法定相続分と遺留分の割合のまとめ

法定相続分と遺留分の割合のまとめ

・遺留分と法定相続分の割合

 これまで、3回にわたって相続の基礎を説明してきましたが、遺産分割や遺言書を考えるうえで、法定相続分や遺留分の割合は本当に大切ですので、今回は代表的なケースを実際に関係図に割合を書いてまとめています。

 関係図の見方ですが、亡くなっている方は夫を想定したいます。
 2本線でつながっているのはご夫婦です。
 横や下の数字が、それぞれの法定相続分で( )の中の数字が遺留分として請求できる割合です。


相続人が配偶者と子の場合の法定相続分、遺留分
 これは、相続人が配偶者と3人子の場合の関係図です。配偶者は法定相続分が2分の1、子も法定相続分が2ぶんの1ですが、3人いますので、それぞれ等分して1人あたり6分の1です。
 遺留分は法定相続分の2分の1ですので、それぞれそのような数字になっています。


相続人が配偶者と直系尊属の場合の法定相続分、遺留分
 これは、相続人が配偶者と直系尊属の場合です。配偶者は法定相続分が3分の2、直系尊属は法定相続分が3分の1ですが、父母と2人いますので、それぞれ等分して1人あたり6分の1です。
 遺留分は法定相続分の2分の1ですので、それぞれそのような数字になっています。


相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合の法定相続分、遺留分
 これは、相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合です。配偶者は法定相続分が4分の3、兄弟姉妹は法定相続分が4分の1ですが、3人いますので、それぞれ等分して1人あたり12分の1です。
 このケースで特に大切なことは、兄弟姉妹には遺留分が存在しないということです。
 ですので、遺留分減殺請求を気にすること無く、遺言書で全て配偶者に遺産を遺すことが可能なのです。ぜひとも遺言書を作成するべきケースだと思います。


相続人が直系尊属のみ場合の法定相続分、遺留分
 このように相続人が直系尊属のみの場合には、遺留分が2分の1ではなく、3分の1になるという例外があります。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

以上、行政書士お役立ちコラム、相続の基礎編
「法定相続分と遺留分の割合のまとめ」でした。

遺言書作成サポートのページヘのリンク

遺産相続サポートのページヘのリンク

次回は現在、構想中です。


お役立ちコラム一覧に戻る

お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.