1. トップページ
  2. 取扱業務
  3. 遺言書作成サポート
  4. 遺言執行者の報酬額

遺言執行者の報酬額

当事務所の規定による報酬額

・基本額

遺言執行者として遺言の執行を行うさいの報酬額は、
324,000円です。

こちらの報酬額一覧のページもご覧ください。

・財産額による変動

ただし、遺産の総額が三千万円を超える場合は、
遺産の総額の1%(+消費税)です。

・例外として

以下のように特別な事情がある場合は、別途加算いたします。

その他、色々な事情に合わせ柔軟に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

・ご請求時期

 遺言執行者として遺言を執行するさいの報酬、費用は基本的に全ての職務が終了した後に、遺産よりご精算となります。

 ですので、遺言書作成時には、遺言の執行の報酬、費用は必要ありません。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

遺言の執行

遺言執行者が行うこと

遺言執行者の代表的な職務と流れは、以下のようになります。

  1. 相続人の調査・確定
  2. 財産の調査・目録の作成
  3. 相続人等への通知・連絡
  4. 遺言書の検認(自筆証書遺言の場合)
  5. 遺言書の内容を実現
  6. 手続きの終了の報告・ご精算

遺言書の内容などにより異なります。

 また、合わせて不動産の名義変更や相続税の申告などの相続手続きも、他士業などの専門家と連携して行います。
※そのいさいは別途費用が発生する場合がございますので、必ず事前に相続人の代表の方へお知らせいたします。

遺言の執行のさいの費用等

・書類の収集

 相続人の調査や財産の調査のために、戸籍謄本や不動産登記簿謄本を集める必要があります。

 例えば、亡くなられた方の出生から死亡までの全ての戸籍を集めるために、戸籍謄本のほか、除籍謄本や改製原戸籍などを複数集める必要があります。

 その他に相続人の戸籍謄本や住所を調べるための戸籍の附票なども集める必要があります。

 不動産については登記簿謄本、固定資産評価証明書などを集める必要があります。

 相続人や財産の内容にもよりますが、ほとんどの場合は1万円程度で収まることが多いです。(相続人が3,4名の場合)

 詳しくは、書類の取得の実費のページをご覧ください。

・郵送料金

 そのほかには、相続人や受遺者への通知・連絡や、自筆証書遺言の場合は検認の通知のために切手代などが必要となります。

・不動産の名義変更

 不動産の名義変更にも費用が必要です。

 まず、登録免許税という税金が固定資産の評価額の1000分の4課税されます。

 また、登記手続きは司法書士が行いますので、その報酬が別途必要となります。
(司法書士の報酬は状況によって異なりますので、その都度お見積りいたします。通常、4万円前後です。)

・その他の費用等

 当事務所が遺言執行者としての職務を行う場合は、上記のような明確に根拠のある費用しかご請求いたしません。

 遺言の執行のさいの、日当や旅費などは当然に上記の遺言執行者の報酬に全て含まれております。ぜひご安心してご利用ください!

・遺言執行の費用の支出

 遺言の執行さいの費用は報酬を含め、基本的に全て相続財産から支出いたします。遺された相続人が直接負担することはございませんのでご安心ください。

 また、遺言書の作成のさいに、しっかりと戸籍などの必要書類を収集している場合は、書類の取得費用を抑えることが可能です。

 もちろん遺言書作成サポートではその書類の収集もサポートしておりますので、ぜひご利用ください!

右矢印遺言書作成サポートのページへ戻る


お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.