1. トップページ
  2. 取扱業務
  3. 遺言書作成サポート
  4. 遺言書の保管について

遺言書の保管場所

遺言書の保管場所は難しい

保管場所の考え方

 遺言書の保管を考えるさいに一番大切なのは、遺言書を書かれた方の環境や状況です。

 例えば、遺言書を書いたことを家族には内緒にしているが、自分が亡くなった後にはすぐに遺言書を発見して欲しいという希望もあれば、遺言書を書いたことは話しているが、内容は事前に知られたくない、一部の相続人だけに秘密にしておきたいなどなど、それぞれの環境によって保管方法が変わってくるからです。

 それと遺言書の種類も大切です。公正証書遺言の場合は原本が公証役場に保管され、遺言者や遺言者が亡くなった後であれば相続人が謄本(コピー)を請求できます。

 しかし、自筆証書遺言の場合はその原本しかありませんので紛失や偽造、変造に特に気を配る必要があります。

・内容を秘密にするのか

鍵を書けたファイルのイラスト 本当にその方々の事情によりますが、私は遺言書の作成やその内容をお子さんに相談したり知らせたりするのはおすすめしていません。

 遺言書を書くことを子どもに相談したことによって、生前に相続争いが始まってしまう恐れや、遺言書を書くまでは優しくしてくれるが、いざ書いてしまうとまた寄り付かなくなったなどの寂しい思いをする可能性もあるからです。

 特に内容については、今は良くても将来どうなるかわかりませんので、出来れば秘密にしておくと安心です。

 ただし、祭祀主宰者(お墓やお仏壇を受け継ぐ人)の指定や、自宅不動産を譲りたい場合など、事前に話し合っておいたほうがよい場合もありますので、難しいところではあります。

 その点も含め事前に専門家に相談することもおすすめです。

・銀行の貸し金庫

銀行のイラスト  よく保管場所の候補に銀行の貸し金庫があがるのですが、これはおすすめできません。

 相続人が銀行の貸し金庫を開けるために必要な遺言書がその貸し金庫の中にあるというジレンマにおちいってしまいます。

 こうなるとその遺言書を貸し金庫から出すために、必要書類を集め相続人全員で遺産分割協議を行う必要がでてきます。

 ただし、遺言書が公正証書遺言の場合は、相続人が遺言書の謄本を取得することが可能ですので、遺言書の存在を隠しておきたい場合や、内容を見られたくない場合にあえて貸し金庫に保管しておく方法は有効かもしれません。

・自宅の金庫

金庫のイラスト 自宅の金庫に保管する場合も多いかとおもいます。しかし、全てそれで大丈夫かというと決してそうではありません。

 まず考えることは、その金庫を相続人が開けることができるのかということです。

 相続人が開けることができないのであれば、遺言書を発見してもらえない場合や、金庫を開けるために専門業者等の費用が発生してしまいます。

 金庫を相続人が開けることが可能な場合は、生前に遺言書の存在や内容を知られてしまう可能性があります。

 特に自筆証書遺言の場合は、内容を改ざんされるおそれがありますので、注意が必要です。

・神棚やお仏壇

仏壇のイラスト 大切な物は神棚やお仏壇で保管するかたも多いかと思います。この場合は紛失などが心配です。

 神棚やお仏壇などに無頓着なかたも若い世代を中心に増えてきていますので、その場所を探してもらえるかどうかも心配です。

 また当然、誰でも手に届きやすい場所ですので、その点も心配です。

・大切な書類と一緒に保管

書類のイラスト 通帳や保険証券など大切な書類と一緒に保管する方も多いです。

 この場合は、相続手続きのさいに確実に見つけてもらえると思いますが、遺言書の存在や内容を秘密にしておきたい方の場合は、生前に見られてしまう可能性も高いです。

 自宅の金庫やお仏壇等での保管でもそうですが、しっかりと封をして開けられないようにすることが大切です。

・子どもに預けておく

相続のイラスト 特に争いが無い場合の理想的な方法です。

 しかし、あくまでも理想であって全ての方に当てはまる方法では無いと思います。

 相続争いは今は大丈夫と思っていても、将来どうなっているかは本当にわかりません。

 また、相続人以外の人に遺贈する内容が含まれている場合などは、しっかりとその遺言を実行してもらえるのか心配です。

行政書士お役立ちコラムへのリンク

主な業務対象エリア

・無料相談対応エリア
福岡市、北九州市、福岡県内全域
下関市、中津市など近隣地域

・業務対象エリア
福岡、山口、大分、佐賀、熊本等
主な業務対象エリアの地図

リンク

facebookページへのリンク

facebookページへのリンク

google+ページへのリンク

解決☆ユキマサくん!へのリンク

日行連へのリンク

事務所からのお知らせ

行政書士賠償責任補償制度のイメージ図
行政書士とみの法務事務所は万が一の場合にそなえ行政書士賠償責任補償制度に加入しております。

使用可能なクレジットカードのロゴ一覧
クレジットカードでのお支払いもご利用いただけます。

保管方法のまとめ

 遺言者の家族構成や、相続人以外に遺贈する場合、遺言書の作成や内容を秘密にする場合など、保管場所も本当にケース・バイ・ケースです。

保管が安心な遺言書の作成

・保管を考えると公正証書遺言がおすすめ

 遺言書を公正証書で作成することによって、遺言書の原本が公証役場に保管され、遺言書の紛失や改ざんなどの心配が無くなります。

 また、公証役場の遺言書検索サービスを相続人が利用できるため、遺言書の発見や保管を考えると公正証書遺言がおすすめです。

・遺言執行者を指定

 また、遺言書の中で遺言執行者を指定しておくことで、遺言書の保管や発見、その後の手続きがスムーズに進む場合があります。

 そのさいに、遺言執行者として専門家を指定するとさらに安心です。この場合、定期的にその専門家にご自身の状況を伝えることが大切です。

 当事務所では遺言執行者就任サービスを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

遺言者の考え方によって

・遺言書の存在を秘密にする場合

 遺言書の存在を秘密にすると、亡くなったときに発見してもらいない可能性が高くなります。

 しかし、すぐに発見してもらえそうな場所で保管すると遺言書の存在を秘密にすることが難しく、秘密と発見のバランスが重要になります。

 専門家や遺言執行者に遺言書を預け、定期的にご自身の状況を伝えることで、亡くなったさいには、その方から相続人に遺言書を渡してもらうという方法がおすすめです。

 当事務所では遺言書保管サービスを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

・遺言書の内容のみを秘密にする場合

 遺言書の内容のみを秘密にする場合は、亡くなった後の遺言書の発見を考えなくてすみます。

 その場合、最低でもしっかりと封をすることが大切です。

 また公正証書遺言で作成したことを相続人に伝えておけば、仮に遺言書の正本を相続人が発見できなくても、謄本を請求できます。

 また当事務所の遺言書保管サービスでは、内容を秘密にしておきたい場合などに備えた最適な方法をご提案しておりますので、お気軽にお問い合わせください!

右矢印遺言書作成サポートのページへ戻る


お問い合わせは、093-234-1013まで。営業時間 9時から22時まで、年中無休、お問い合わせページヘのリンク

トップページ|事務所紹介|取り扱い業務|報酬額一覧|ご依頼の流れ|お問い合わせ|コラム|よくあるご質問|ご依頼者様の声 セミナー情報等

Copyright © 2013 行政書士とみの法務事務所 All Rights Reserved.